やっぱりこれ。欲しいでしょ?

どの時代でも、どこにいても、

僕らが絶対的に心の奥底で欲しいもの。

「安心」=安心立命

「気掛かりな事が無く、心が落ち着き安んじること」。


儒教では、天命を知り心を平安に保つことと解釈し、

禅宗では、悟りの境地に達し心の安らぎを得て主体性を確立すること

と言われる様です。


宗教とは一切関係ありませんが、

過日、TFH(タッチフォーヘルス )&  禅カウンセリングの大師匠

石丸賢一先生が熊本にいらっしゃいました。

そこである方の質問

「安心出来ることもあれば、とても不安を覚え動けなくなることがあります。」

「心が常に安定した状態を作りたいです。」

 

答は明快でした。

「はい、それは無理です。」

 

こちらさんでしたらあり得ます。

f:id:rider320530:20180202121445j:plain

 

「一定の感情だけを味わうこと≒無感情になること」は生きている限り無理。

 

「この世の法則」を考えても絶対に無理。

  f:id:rider320530:20180202112441p:plain

「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる。」

 

両方あるから・両方味わえるから私、人間なんですね。

 
だとしたら…

私にとっての「陰」「不安」は何か?

を「ハッキリ」として見てはいかがでしょうか。

 

その「陰」「不安」は何? どこから来るの?
そして、

それは事実なのか?

 

自分で気付きが芽生えれば

「陽」「安心」に好転開始。
それを味わい尽くすには何をするか?

が心に沸き立ち出します。

  

 自身の

「目指す場所」「現在地」「やるべきこと」

さえわかれば、めちゃめちゃ「安心」

 
TFH(タッチフォーヘルス )& 禅カウンセリングセッションでは

「不安」に対する「あなたの中にある答」に「自分で」気付きが芽生えます。

私も誰も「アドバイス」は行いません。

「あなた」が気付きます。

 

体験セッション ¥5000→¥4000 にて受付中。

あなた自身の中で芽生える気付き、変化する行動を楽しみましょう。