SupportPartner 橋本さとし official

〜よりよい明日を掴むヒント〜

起業? まじで? ちょっと待って!!

様々なきっかけから「独立」を目指す方、

福岡では最近増えてきているように感じます。

 

 

実際福岡市自体が後押ししていることもあり

起業に依存しない生き方を選ぶ人が

増えているのは良い傾向だと思います…

 

が、
ちょっと待ってくださいよ。

 

 

「食っていけるかどうか?」の問題は
 当然想定内。
そんなことは今回はおいときます。 

 

「肝」はですよ、

その手前の「辞める理由」なんです。

「なぜ辞めるのか?」

「なぜ辞めたいのか?」 です。

 

これ、僕自身の反省も半分あります。

正直ここをあまり考えず

「辞めたい、始めたい!」だけで

飛び出しましたから…

 

まぁ夢を持って

「次!」と思って

飛び出すことがほとんどでしょうから

いいっちゃいいんですけど。

 

なぜこれをくどくど書くか?

この方と退職後にお会いした時、

色々とお話したことで気づきました。

f:id:rider320530:20190404224029j:plain

ユニクロ柳井正社長です。

お会いしていただいた際、

いろんな話を根掘り葉掘り

質問して頂きました。

 

わたくしユニクロ中退後、

IKEA Japanで働かせていただきました。

UNIQLOの後にIKEAで働いて何が違うと感じたのか?」

「創業者イングバル氏の志は現場ではどう感じたか?」

などなど…

ほりほりほりほり…

 

「創業社長としてイングバル氏を尊敬していて

実際のIKEAや現場にとても興味がある。」

とも仰っていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

f:id:rider320530:20190404224327j:plain

在籍中お会いするチャンスもなかった

創業者 故イングバルカンプラード氏

日本ではあまり知られていませんが

17歳で創業し1988年、62歳で退任。

退任前の1982年財団法人

スティヒティング・インカ・ファウンデーション

を設立。直接的なマネジメント以外で

関わり続けていたようです。 

ただし真の「現場好き」の翁は

オランダ・デルフトにある

実験店舗的存在のIKEAストアには

引退後も関わり続けたようです。

朝6時前、ヤードにコンテナ入庫の頃には

ストアに現れて、コワーカーさんに話しかけては

身の上話にも涙しながら夕方まで動き回ったとか。

一緒に巡っていたマネージャーは

「ランチする暇も無いほどすごい勢いだった」

と昔話を聞かせてくれました。

翁はそこでの気づきを元に制度改革の提言や

仕組みの変更へのアドバイスをしたとか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いろんな事を六本木上空で質問されつつ

「はっ!」としたことがありました。

IKEAUNIQLOも、

言い換えると

イングヴァル氏も柳井社長も

仰っている事、目指すことは同じ。

そして最も重んじていることは…

「ヴィジョン」「ミッション」

ステートメント」「明確な理念」

 
「こういったことはIKEAでは現場ではどうだったんですか?」 

そんな質問に自分の経験・事実を淡々と

お答えしつつ

「社長が他に気になる点、ございますか?」

と問うと、

「イングバル本人や財団法人の

 慈善事業について注目していた」と。

 

そこで初めて今の柳井正社長が

何を成し遂げたいのか、どれだけ本気なのか、

それはなぜなのか…

ビシビシと伝わってきました。

 

と同時に

「申し訳ない気持ち」に成ってきたんです。

 

「社長、本当に…なんというか、

申し訳ございませんでした。

社長がステートメントを作られた時、

わぁ23条の経営理念以外の

覚えなきゃいけないモノが増えた…

というレベルでしか捉えられませんでした…」

 

「いやぁ、そんなものでしょう(苦笑)」

と笑っていらっしゃいましたが…

 

「本当にすみませんでした」

口にも出しましたが

なんども腹の中で詫びました…

 

この本気で世の中を変えようと思っている人が

自分の仲間に理解を求めた言葉が

会社の在り方を表す「ミッション」や

「ステイトメント」だとして

経営トップが本当に本気だったとしたら、

そしてそれを「直」に感じたら、

直属の上司がどうのこうの…

制度がどうのこうの…

その時の人事案がどうのこうの…

ってどうでもよくなるかもしれない。

 

もしね、そんなトップの声に

触れたことがないなら

なんとかチャンスを作ってみるといい。

 

正直、辞めるのは
その後でも良いと思うんですよね。

 

本気の人生の大先輩の話を聞いて
響けば会社で「同志」としての
マインドセットで続けてみるのも
いいんじゃないなかぁと。
だから本気で聞いてみる。

 

それすら無い社長様、役員だったり

聞いてて「そりゃ無いわw」だったら

どうぞ、即ご決断を。

 

決断する前に一度、

三者と一緒に

「事実を整理」してみてください。

「思い込み」や「感情的視点」が抜けて

冷静な判断ができます。

と同時に転職や独立に向けた

「具体的なプランニング」も可能です。

 

「これからどうしようかなぁ…」な方。

まずはご相談ください。

 

ppk.fitline@gmail.com

  

 ご参考にどうぞ。

経営者になるためのノート ([テキスト])

経営者になるためのノート ([テキスト])

 
現実を視よ

現実を視よ

 
イケアの挑戦 創業者(イングヴァル・カンプラード)は語る

イケアの挑戦 創業者(イングヴァル・カンプラード)は語る

  • 作者: バッティルトーレクル,Bertil Torekull,楠野透子
  • 出版社/メーカー: ノルディック出版
  • 発売日: 2008/07/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 26回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 

世の中金「だけ」じゃないんだけどね



結論:
・賃金は上がらない
・これから上がる見込みもない。
・その一方、人生100年時代を迎え寿命は伸びる。

さぁ、どうしましょうか?

 

平成29年賃金構造基本統計調査のデータより
日本はこの20年間賃金はほぼ横ばいらしい。

反面、
2018年度東証一部上場企業社長報酬総額は

中央値で5552万円=前年比2.2%増
デロイトトーマツ調べ

ついでにクレディ・スイス
2016年度グローバルウェルスレポートより
・2016年度の日本の富裕層
資産総額100万ドル以上の
数は
前年度から74万人ほど増加し283万人。
これは世界最大の増加数で、
富裕層の数は世界2位

・日本の超富裕層
純資産5000 万米ドル超の個人は
世界最大の伸び率で 3600人で、
数では世界第 6 位

・今後も日本の富裕層の数は増加し、
2021年には27%増になる見込みらしい。

 

内部留保金は増え、
会社トップの取り分は増える。
これは現在の「事実」である。
 

で、ここから何をしていけば良い?

当然日銭を稼ぐことは大切だ。
会社を休めば給与も減る。
ひいては職を失うから。
だから仕事はまずこなす。

それと同時に「選択を開始」する。
他の人が動き始める前に
「副業」→「複業」状態を作る。

どんな仕事にも「脆さ」はある。
また「リスク」もある。
だから「複業」状態を作る。

それもいち早く
「本業と同程度の収入を得る」ことを目指す。

 

反面、もし

「会社で普通に勤め上げる」なら
それなりのマインドセットが必要だ。
「過去の自分」「未来に予想される自分」
「本来あるべき自分」「職場の同僚や知人」
「学生時代の同級生」「親戚・親族」
「近所の人」「平均的な日本人」
「テレビ、新聞、インターネット、書籍で知った人」

とは一切比較しないで良いマインドを作る必要がある。

 

あなたなら、どちらの道を選びたいですか?

 

===========================

PPK ライフデザイン研究所では
いずれの道を選んだにせよ、
「じぶんの内側」に光をあてます。
「じぶんの人生の目的」を明確にし
「責任と選択」を正しく理解した上で

「副業>>複業をいち早く成功させるサポート」
「他者比較をやめて
 心穏やかに会社に残るサポート」を行い
「これからの仕事と人生のお悩み」を

「あなた自身」で解決できるサポートをします。

まずはご相談ください。

ご連絡お待ちしています。
ppk.fitline@gmail.com

会社が悪いんじゃない、上司が・部下がアホなんじゃない。

受動的な会社員>>「社畜予備軍」「服従者」

能動的な会社員>>「参加者」「フォロワーシップ

続きを読む

MKB48…

Mもう
K 気付けば
B 僕も
48歳 目前…
 

世間的には目一杯「おっさん」なのです…

が、

本人的には20代の頃と

あまり変わった気がしていない。

 

さて、僕ら世代の俗称は

団塊ジュニア世代だったり

ロスジェネ世代だったり

氷河期世代とも呼ばれるらしい。

マンモスかよ(笑)

そんな氷河期世代に「愛の手」?

不況期に就職し、

正社員になっていない「氷河期世代など

正社員でないことを理由に

能力開発や所得向上の壁がある場合があり、

取り残されないよう教育促進策推進が必要らしい…

  

リカレント教育(学び直し)が促進

されているのは悪くない。

問題は

「何を学びましょう?」である。

 

その前に

「何のために学びたいの?」

じゃなかろうか?

 

セイシャインとして20年以上働いてきた

同世代たちですらこの状況であるわけで…

何かを学んだり

技術をつければどうかなる問題では

無さそうですよね?

 

そんな時このしょーもない記事が目についた

なんで「しょーもない」かといえば

またまた「ゆとり世代」はほにゃらら…

的なヘッダーだから。

 

でも読んでると「推奨」したくなりました。

会社にかっこいいオッサン、

素敵すぎるオバハンがいなさすぎる。

あなたの人生つまらなそう

そう目に映っているらしい。

人生の目的が違うから

幸せの定義も、仕事の目的も違う。

じゃぁどっちがオッサン・オバハンが

進むべき道なのか?

 

「自分の幸せ、家族の幸せのために働く」

  

実は「ゆとり世代くん」たちの示す

人生観は至極当然の摂理なのかもです。 

とてもシンプルだけど「キモ」な質問をします。

「あなたの人生の目的は何?」

「何を手にしたいと考えてる?」

 

僕は

20代の頃はただただ「稼ぐ」ことや

より速く「出世すること」が

働く目的だったりしました。

途中から違和感が強くなりました。

最初の数年は猛ダッシュし、同期の中でもトップで

様々な役職を体験できたのですが、

この「キモ」がなかったわけです。

速度も鈍りますし、成長意欲にもムラがある。

そして「打たれれば即凹む」ので

「常に被害者意識」で「守り」に

入ってしまうような状態だったわけで。

 

偶然にも

「世界最高峰のビジョナリーカンパニー」に

転職し大きく気付けたことがあります。

企業にもビションがありそれを目指すことで

成長をし続ける。

では働く私のビジョンは何?

この企業で働き実現したいことは何?

ということ。

それは 

結構なパラダイムシフトでした。

業務の一環であっても

「お前は何者か?」を問われる。

 

実はこんな手前の方の質問が

今の40代50代には必要じゃないかなぁ。

 

どうせ学ぶなら

マーケティングでもパソコンスキルでもなく

「お前は何者か?」

そこからに限る気がします。

 

40代・50代でも

「自分が何者かよくわからない」

「自分は何を目的にしているのか?」

「自分は何をしたいのか?」

それでも大丈夫です。

あなたのサポーターとして

「自分の根源的な問い」を一緒に紐解きます。
 

まずは、気軽にお問い合わせください。

十分にお話を聴かせていただければ幸いです。

 ppk.fitline@gmail.com  はしもと まで。

人生で本当に欲しいものって何だろう?

みなさんの「本当に欲しいもの」って

何ですか?

 

私は最近物欲などいろんなモノ・コトから

解放されすぎた感を感じる平成最後の春…

それが 

良いか悪いかはわかりませんが

「心穏やかであること」は確かです。
 
今欲しいモノ…

あえて言えば

「本音をぶつけ合える仲間」

「チャレンジし続けている仲間」かも

「刺激し会える仲間」

なのかもしれません。


ところで気になる記事を見つけました。
headlines.yahoo.co.jp

「中高年のひきこもり61万人」

同年代の全体の人口からすればおそらく

1〜2%程度なのかなぁと思いますが、
総務省統計局H28 データより、15~64歳の年齢別人口合計76,562千人の約50%を40〜64歳と仮定)

 実は「高齢化」とともに切実な課題だと

捉えています。


40・50・60代って

すでに人口割合では「マス」な世代。

そしてこれから更に「マス」になる。

 

つまりこの年代の生き方こそ

「日本そのもの」

「日本の実態」

と感じるんですよね。(大げさかもですが…)

 
団塊世代が無心に働き日本は復興し、

団塊ジュニアの僕らも

親の姿や社会の流れで

「見て来たこと」を

続けていきさえすれば

「幸せになれる」

と思っていた。。。

でも事実はそうじゃなさそうだ…

色んな理由があるにせよ

「他人が信じられない」

「他者は面倒な存在だ」

そんな観念が蔓延しているように思えます。

 
「人づきあいと幸福度との関係」
この調査ではとても気になるデータが。 

 

f:id:rider320530:20190329132849p:plain

他者への信頼度別と幸福度の関係

「他者との信頼関係は幸福感に直結」
しているように見えます。

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/note/notes1301a.pdf

  

「他人を見たら泥棒と思え」

かなりエッジの効いた名言(迷言)ですが、

小学校6年の僕の生きていく上での教訓でした。

それを握りしめて生きて来た四十余年は

苦しかった…

幼少期の度重なる「転校」では

他者との関わりが「傷を負う」ことの

連続と感じていたからです。

でも最初の僕はきっと

「あなたを信じたい」

「あなたに信じられたい」人だったと

思うんですよね。

 

それに蓋をせざるを得ないことが

なんども起きただけ。

 

だから「蓋をする」と

自分で決めて

自分で封印していたのかも。

 

 

f:id:rider320530:20190329141313j:plain

5年おきの内閣府調査
「高齢者の生活と意識に関する国際比較調査」では
家族以外に相談あるいは
世話をしあう親しい友人がいるか?に対して、
25.9%=約4人に1人が
 「いずれもいない」と答えているようです。

1087万人の高齢者の実態
「日本の高齢者の4人に1人は、
 心許せる友人が1人もいない」…

寂しすぎませんか?

 

自分がどうなりたいのか?

自分自身をどう受け止めたいのか?

相手をどう理解するのか?

 

これらは全て「自分」でカタがつく課題かもしれません。

少なくとも

「今まで被害にはあっていないけど

胡散臭いと感じている隣人」を更生させるより

「謎が多い不思議な人だ」と

「安堵の心」で相手を見ていけるように

自分の観念・プログラムを

ちょっとバージョンアップしていく方が

効果的だと思います。

 

それも「1日も早く」です。

年をとればとるほど

「頑固になる」のも人間のサガだからです。

 

 

本来のあなた自身を思い出してみてください。

幼い日のあなた自身です。

 

まだオムツを履いていた頃かもしれません。

思い出せなければ

想像してみてください。

 

今のように

隣の赤ん坊は私の哺乳瓶を狙っているかもしれない!

と疑っていたのでしょうか? 

 

もし少しでも「穏やかな毎日」を過ごしたい、

でもどうやっていけば良いのかわからない…

 

そんな時はまずご相談ください。

そしてお話を聞かせてください。


ppk.fitline@gmail.com  はしもとまで

 

 

45歳から次のステージの手始めに…

www.orangeitems.com

45歳以上の方を対象の

「早期退職」や「希望退職募集」

上場企業を中心に盛んになって来たようです。

 

とは言え市場全体で言えるのかは「?」ですし

会社個別の「比率」を調べたわけでも無いので

見出し程センセーショナルとは思わないけど

同世代としてはやはり

「自分ゴト」に感じて興味を持ちます。

 

会社員時代の同世代の行方(?)を考えてみると…

・居残り組(①ある程度ポジションや給与を獲得している人)

・居残り組(②淡々と続けている人)

・居残り組(③ポジション/給与ダウンしても粘り続ける人)

・転職組(❶積極的に野望?志?を持ちチャレンジする人)

・転職組(❷まぁ何か違うなぁと感じて動いた人)

・転職組(❸低評価あるいはセクハラ・パワハラでソフトに追い出された人)

ざっくり切るとこんな感じかなぁ。

どの結果でも「結果オーライ」だとは思います。

 

①はごくわずかです。片手で足りる程度。

もともとピカイチだった人たち。

②が大半ですよね。

③は「良かったねぇ!」と思います。
そしてある意味すごい。
プライドを捨てて何かのために働ける人だから。

❶はホッピングしていく人も多い。

ステイタスと給与は上がるけど、

生き方として魅力を感じないかな。

❷は結構いるかも。

❸もちょいちょい居るんです。

その後次で仕事成功していればそれでもOK。

でもまぁ次でも同じことをする要素はお持ちです。

お気をつけあそばせ。

  

僕自身は、転職組❷かな。

その後❶に近づいた感じです。

「あなたのやりたい事は何なの?」と真剣に問うてくれた

今のパートナーとの出会いがきっかけだった気がします。

「守り」や「安定」を度外視し、生き方の本質を突いてくる。

時に「ウザい…」。

そして、けっこう「ツライ…」のは事実。

 

だって見たく無い部分、触れたく無い事、

面倒だと感じる事を通過するから。。。

 

そりゃ「会社員」感覚が一番楽です。

叱られても、残業しても、ヘマこいても

続けておけば時間は過ぎて

お金は入ってくる仕組みだから。

そこに本当のあなたがやりたかった事が

あろうがなかろうが。

 

話を戻すと

こうなればもう「45歳卒業制度」と考えて

ライフプランを組んでいく方が

安定して基盤を作った上で

「次を生きる上で必要な学び」を得て

晴れて「45歳でご卒業→独り立ち」って

良さそうな気がしているんですよね。

それを前提にライフプランを

「専門家とともに計画」しておく。

 

ちなみに「計画していても、

その通りになるとは限らないじゃ無いか?」

という方もいますが、ご安心を。

「最短最速」で軌道修正かけるための必殺技が

「ライフプラン」です。

 

さて、人生のステージチェンジの落とし穴があるとすると

何だと思いますか??
 

 

 

「40過ぎて急に慌てない」
   という事かもしれません。

やる気だけ、ちょっとした新しい技術や知識だけの

「付け焼き刃」での独立は

かなり厳しい現実を招くようです。

 

そして、 

専門学校や民間団体で取れるディプロマや技術、

無意味とは言いませんが、
まぁなかなかお金には中々変わらないようですよ。
 

独立しても成功するには

めちゃくちゃ明快で簡単な「3つの要素」だけでOKのようです。

 

❶ 会社員として関わって来た経験・知識・つながり

❷ セールス力とカウンセリング力

❸ 心構えとこころざし

 

「…。そんなん知ってる気がするわ。」と思った方🙋‍♂️🙋‍♀️?

 

言葉としてはご存知かもしれませんね。

 

だったら、より具体的に

「何を」

「いつまでに」

「誰と」

「どこで」

「どのように」準備するのがベストなのか?

 

これ、秒速で答えられそうですか?

 

結構難しいですよね。

だからこそ、まず一度考え整理する価値があります。

 

欠けた部分は他力を借りたり

これからの学びでどうとでもなる。

でもそれに気づかなければ時間だけが過ぎていく…
 

・45歳を過ぎても社内で成長し続ける可能性をあげたい方

・45歳までに、安全に独立し自分らしい人生を選びたい方

 

どちらであっても、まずは一度ご相談ください。

 

20代・30代男女限定

 「これからの自分の可能性を2倍引き出す60分」

→平日・土日:天神地区・西新地区で直接カウンセリング

→平日・土日:Line, チャットワークでのオンラインカウンセリング

ご連絡・ご質問は
 ppk.fitline@gmail.com はしもとまで

 

 

人は必ず成長できる

UNIQLO勤務時の恩師の一人
赤羽雄二さん

もう十年以上前の話でしたが
その教えと姿勢に触れ、素晴らしい
影響を受けました。

全て異次元でしたが、特に
「やりきる」ことについての
求め方が「尋常じゃない」。
やると言ったことへの執念たるや…


その頃から仰っていることは
一貫しています。
以下、記事の抜粋です。
この「メモ書き」、侮ることなかれ。

UNIQLO勤務時にもこれを課題として挑戦しました。

その頃はまだまだ受動的な働き方をしていたため
「やらされ感覚」だらけでしたが
それでも何か可能性を感じてやり続けてみました。

人生で初めて知恵熱が出た…。
2週間やりきった後の出来事でした。

そして人生の分岐点の独立を決めた時にも
この手法でやりたい理由、目的、達成したいこと、etc....
一晩中頭をクリアにするために書きなぐった記憶があります。

今思えば、顕在意識と潜在意識の境界線を越えるような感覚です。

========
私は、「人はだれでも、もともと頭がいい」と考えています。
けれども、その頭の良さが、過去のパワハラモラハラなどによって萎縮し、発揮できなくなっている人が少なくありません。
悩んでいる人、自信がない人も含めて、本来の頭の良さを発揮する効果的な方法があります。

A4用紙を横置きにして、左上にタイトルを書き、4〜6行、20〜30字」というやり方です。
これを1日10〜20ページやっていると、3週間ぐらいするとモヤモヤが消えて本来の頭の良さが発揮できるようになります。
そういう状態になることによって、自信がないとかモヤモヤした気持ちになるということが減って、やりたいことがドンドンできるようになる。
これがシリーズ27万部を突破した『ゼロ秒思考』(ダイヤモンド社刊)に詳しく述べたことです。

〜中略〜
先にお話したように、全員が生き残れるわけではないという状況です。競争は厳しくなる一方です。そういった状況ではスピードが武器になります。



thekeyperson.biz