何事もタイミングは大切

学生の就職や社会人の副業など仕事のご相談

お受けすることが増えてきました。

副業も違和感なく議論される時代です。

特に社会人の副業の場合、何らかの

目的があって職を選ぶわけですから

「その目的を達成できる可能性」

の有無が重要ですね。

月収100万欲しいのに、MAX10万の仕事…

確実に達成できない選択です。

そしてどんな業種・職種を選ぶか?

例えば代理店を行うとします。

これまでに市場に無く、かつ

顧客の潜在需要のある付加価値のある製品

サービスであればかなりチャンスと言えます。

逆に、もう知られた会社・製品・サービス、

例えば…

過去ブームになった会社・製品を、再度

これから広め収入=顧客満足につなげるのは

誰がやっても難易度が高いです。

もしそれで思った収入が得られないとしても

駄目なのはあなたでは無く、

その製品・その会社です。

 

ちなみに、物事の流行・浸透確率を考える際

「イノベーター理論」はわかりやすいですね。

f:id:rider320530:20180221115340j:image


タイミング的に自分の製品や会社はどこか?

そして、あなた自身がどの段階にいるか?

どんなチャレンジをするか?

それによって得られるものが変わってきます。

◯イノベーター 2.5%
タイミング:チャンスが最も高い時期。
 人物像:最も革新的で、冒険心の強い人達。
 新しいものに対して積極的に挑戦する。

アーリーアダプター 13.5%
タイミング:まだチャンスが残された時期。
 人物像:感度が高く、情報収集を自ら行い、
 積極的に発信も行うオピニオンリーダー
 他の層への影響力が非常に大きい。

◯アーリーマジョリティ 34%
タイミング:旨みがあるのはこの辺りまで。
 人物像:上位2層に比べ選択は慎重だが、
 新しいものへの関心は高い人たち。
 ここが始めると一気に市場が拡大する。

▲レイトマジョリティ 34%
タイミング:旨みなし。可能性は僅か。
 人物像:感度や積極性は高くなく、
 流行した後に取り入れる層。

▲ラガード 16%
タイミング:手遅れ。
 人物像:保守的な人。流行に関心なし。
 ある程度普及し一般化した後に取り入れる。

 

そして、ターゲットとセグメント
「国内市場専用」「男性専用」「女性専用」

「若者専用」「プロ専用」

というものではダメ。

国籍年齢性別経験問わずどんな方々にでも

役に立つ製品サービスでなければ勿体無い。


最後に体感と科学的裏付け両方が必要。

科学的に正しくても体感なしでは続かない。

体感はあっても科学的に明かされなければ

より広く人々に理解を得られない。

「対価に値する満足いく体感」

「普遍的原理原則に沿った科学的裏付け」

その両方が揃えばかなり安心です。


PPKでは全てを網羅できた事業も

ご紹介できます。

お問い合わせはこちらまで。

✉️:ppk.fitline@gmail.com