開拓を続ける人生

UNIQLOフランス1号店

のあるパリ西部

ラデファンス地区の

4tempsショッピングセンターに

行ってまいりました。

 

今では当時の店の真向かいに

大きな2階層のお店を構え、

今日も多くのお客様で

賑わっていました!

 

f:id:rider320530:20190110150209j:image

 

直接関わりのない今でも

なんだか胸が熱くなります。

 

「あの時やって良かったなー」

そんな感覚が沸き立ちます。

 

当時は

50坪の出店実験用の特殊店舗。

 

私も日本で見たことの無い

実験的な事も多々ありました。

 

開店決定から僅か数ヶ月の

オープン当日の朝、

何とか予定通りに全て用意し

現地マネジャーやスタッフへの

感謝を伝えてオープン。

 

「…。あれ?!」

 

「やばっ…。」

 

入ってきてくださったのは

ほんの数名の方だけ。

 

「仕方ないよなー…」

「やっベーな…どうしよう」

ソワソワそわそわ…

 

そんな悩みも杞憂に終わります。

 

開店後3時間後には

「入場制限!急いで!」

「シャッター半分閉めて!」

「こりゃ休憩回せないぞ!」

「マネジャー、●●がもう売り切れそうです…」

 

そう、この地区の

ショッピングタイムや顧客層、

全く異なるわけです。

 


1日終わってみれば、

予算大幅超過。

たたみ直す商品も無い勢い(笑)

 

でも兎に角楽しかった。

 

勝手に「日本代表」の

つもりで働いてましたので

「ドヤ!!」な感じ満点です。

 

 

そういえば…

東京23区内初出店

北海道地区 初出店

九州地区     初出店

フランス     初出店

 


これまでの人生で

色んな「お初」に

携われました。

 

北海道地区は当時

拓殖銀行倒産の年、

スタートは厳しかった…

でも、3年後にはドル箱に。

 

東京23区内、

九州(福岡新宮)、

フランスでの事業は

全て予算対比大幅達成。

 

そして全て

「人員不足」

「経験者不足」からのスタート

 

それぞれの開業に

「色んな学び」があり、

「反省と対策」もあり。

 

そして「普遍的」な事柄も

思い起こされます。

 

当時の私のように

グズグズ社員 

ダメダメマネジャーでも

「結果を出す方法」って

あるんですよね。

これって

「業種問わず」「経験問わず」

「地域や国籍問わず」の

普遍の法則なんですよね。

 

今年はそんな経験を

『本気の誰か』の武器にしていきます。

 

今年はこんな方々と

お会いしまくる一年になりそうです。

 
✔︎起業を考えている方

✔︎開拓を考えている経営者の方

✔︎海外展開を真剣に

   考えている経営者の方

 

是非一度

お話を聞かせてください。

回り道をせず

ググッと成功を近づけましょう。

 

1月は15日以降、

順次お会いできる予定です。

ご連絡お待ちしております。

 

橋本 さとし

satoshihashimoto@yahoo.co.uk