あなたの2020年

あなたの2020年はどんな感じ?

f:id:rider320530:20180804131430j:image

 

2020年
2度目の東京オリンピックが楽しみですね。
ところで皆さんは2020年に自分がどこで何をやっていると明確に決めてますか?

どこで、誰と、どんなことを、どんな感情を持ちながら、どんなコストと時間をかけながら、やっているのか?
それがあって初めてあなたの
2020年が実現されますね。

============
2020年はこんなことが予測されています。
✔︎企業におけるポスト不足
✔︎人件費負担増
原因は「少子高齢化」とバブル期大量入社組や団塊の世代の子供にあたる、団塊ジュニア世代の社員の高齢化。
バブル期大量入社組や団塊の世代とは
2018年現在で43~52歳の人
この世代は企業雇用者の割合の6~7割を占め、2020年雇用者の4人に1人が45~54歳。

✔︎オリンピックの為のザル支出によるツケの処理が必要になる。

✔︎海外からの移住者増加の可能性と、急激なグローバル化。企業も自治体も異文化間の相互認識と対策が必要となります。

✔︎資産価値激減
少子高齢化進行による管理や修繕遅れ
無計画な新築物件建造
若い世代の所得低下で空き住戸増加
外国人需要は増えるがスラム化する可能性
などにより資産価値が激減してくる可能性がここからの5年間で高まります。

✔︎非正規社員増加
非正規社員が増加傾向にあり、2020年には5割を超えるのではと言われております。
非正規社員の内、28.4%が25~34歳で、やむなく非正規社員になっていると回答しています。
←これは泣いても喚いても投げても無理な無理なことなので、違う道で一旗上げることを考えるべきです。会社に雇用されて安定を享受すると言う思考そのものが時代遅れとなっています。

✔︎無くなる仕事が多い

2020年には、約30もの仕事が無くなるのではないのかと言われています。
電車の運転士:いずれ乗り物はAIの方が安全運行ができるようになります。

レジの店員:個体識別のタグの発達によるり、複数のレジに1人だけ監視員が入れば済むようになります。

新聞・郵便配達員:ペーパーレス化。

農家:TPPの影響によりコスト競争に負け、離農者が続出。

交番の警察官:監視カメラやセンサー、ビッグデータの技術の発展により、お巡りさんの仕事が激変するため。数年前にシリコンバレーでドローンによる巡視警備システムの見本が出展されていたようです。

f:id:rider320530:20180804131421j:image