自分、OK!愛してる!

「自分はだめな人間だと思うことがある」

日本人: 72.5%が「とてもそう思う」「まあそう思う」と回答。

中国🇨🇳(56.4%)

米国🇺🇸(45.1%)

韓国🇰🇷(35.2%)

と比べと突出して高い。

(「高校生の生活と意識に関する調査(平成27年度調査)」より)

 

私自身も

「僕なんて…」

「何もいいところがない」

「あいつに比べたら…」

なかなか 

劣等感の塊でした。。。。。? 
ん、まだあるなー、劣等感まだあります。

歳を重ねてもなかなかどうして、満たされるものでもないです。

これが「0」にほど近い人はなかなかお目にかかれず。。。 

 下のどれかに当てはまっちゃったりします。

f:id:rider320530:20180114113731j:image

時代は変わり、いろんな心理学や、
法則について誰でも知るところとなり、

自由な選択ができる21世紀になってもなお、

7割以上の日本の子供達が

「自分はだめな人間だと思うことがある」

考えてしまうのはなぜでしょう?

 

なぜ?

 

はい、答えは明白です。

子は勝手に育つものでもなし。

ってことは、親との関連性しかありえない。

でも、僕ら親の世代の者達が子供を

「悪意を持って」劣等感の塊に育てるわけがない。 

 

じゃあ、なんで?

悲しいかな僕ら人間は、知ってることしかできないわけです。

=体験・経験があることしかできないわけです。

あるいは強烈に「学んだ」ことならできるかもしれません。

 

そう、団塊ジュニア世代の僕らが、親から愛の名の下に受けてきた教育のコピペです。

はぁ??? とお思いかもしれません。

が、結局子供の自信の塊にするのも、自身喪失の劣等感の塊にするのも
親の日々の関わり、つまり教育、しつけの「言葉がけ」一つかもしれない。
 

考えてみてください。子供を「一人の人間」としてみたら、

「だめ!」

「お前は***なやつだから。。」

「どうせできないんだから。。。」

「言った通りにしろ!」 

「だから言ったじゃない!もう!!!」 とか言っちゃいますかね…

ちょっとしたモラハラかもしれません。

【結論】
親になったら(なりたかったら)、
そしてあなたが子供の幸せ願うなら、
親が更なるチャレンジを! 
 

親自身が「自分にOK! 」「自分愛してる!」
からの「子供、OK!!」「子供、愛してる!」成立です。

まずはこの辺り、読んでみると何か感じるかなー。

人生が楽しくなる「因果の法則」 (PHP文庫)

人生が楽しくなる「因果の法則」 (PHP文庫)

 
生きるために大切なこと

生きるために大切なこと

 

冷静になると、

自分自身の「劣等感」や、
それに関連する「ココロのモヤモヤ」があることに気づきます。

そのままでも「致命傷」ではないかもしれない。

だってこれまでもやってこれたわけだし。

でも「もうちょっと自分のこと知ってみたい。」

「もうちょっと自分にOK出してみたい。」
って思うようになったら、ぜひTFH & 禅カウンセリングをどうぞ。

必要以上の過去回想や原因探しよりも

ゴールを明確にするワークです。

しかもその答は「あなたの中にある。」

それを導き出すお手伝いですね。

人数限定 体験セッション 

¥5,000 → ¥4,000 (1回) にて

お受付中です。

お問い合わせは 

ppk.fitline@gmail.com  橋本まで。

 

*親になったことがないお前がいうなw と色々突っ込まれそうですが、なったことがない第三者だから客観的に見えたりもします。お許しくださいね(^^);