アクシデントは内観のチャンス (禅カウンセリング)

昨日から色んな「変な事」が続いたんです。

①結構お高い駐車場の駐車券を突然遺失…1日料金全額支払い?!

②出先のトイレで、一面に散乱した誰のモノかわからない水分の多い排出物(大)の清掃をする羽目に…

③信号停車中にドアミラーをぶつけられ…


もちろん気持ち的には「えーーーー!!!」「はぁーーーー???」ですわ。 
これまでは、その「怒り」を「何か/誰か」にぶつけていたのかもしれないし、
イライラMaxでその後の時間を台無しにしていたのかもしれないです。

こんな時だからこそ「禅カウンセリング」「一人カウンセリング」をしてみました。

問題は何ですか?

私は何に困っていますか…?

感情が生まれた根元やそれをどうしたいのか…?

すぐに気付きが生まれ、
起きたことへの捉え方が変わりました。


①駐車券は単に僕がボケてただけ。
 悔いてもしょうがないので管理人さんに話し、何とかなってひと安心

 

②トイレ事件はどエライ惨状。スカ●ロの現場ってこんな感じかいな?と。。。
 (すみません、お食事中の方)
 でも清掃終えて何故か心はスッキリ。
「僕以降、みんな気持ちよく用を足せるぞー」って。
 そこに損得勘定や、漏らした人への怒りもなし

③事故は軽い接触で済んでよかった。
   高齢者ドライバーの実態がよく解ったし、身の守り方への意識も変わった。

 
生きていれば「何か」が起こる。

そして「感情が揺さぶられる」。

それに「一喜一憂」する。

そのうち忘れることもあれば、

そのうち思い出し、傷を深めたり、自分や他の誰かを責めたり…

そんな一人芝居のリバイバル公演、誰も喜ばないんだけどね。

起きた事実は変わらない。記憶が消えるわけでもない。

だから「何か起きたら、きちんとケリをつける」って、

人生を変える上で本当に必要だなーと感じます。

そんな局面に「禅カウンセリング」は本当に有効だなーと感じました。

ついでに最近のハマりもの、斉藤一人さんの言葉もこんな時にはいいですね。

自己カウンセリングの最後にこのフレーズを3回「口に出して」みます。

そうすると「イラっ!」とする中でもこの言葉は何かに気付かせてくれます。

f:id:rider320530:20171205180116j:image

斉藤一人さん、色んな気づきを与えてくれてありがとね。

#禅カウンセリング #因果 #斉藤一